お問い合わせ & 来館のご予約

ジ・オリエンタルテラス 4つの魅力が体験できるブライダルフェアを開催しています。
是非、お気軽にお越しください。

ブライダルフェア

ブライダルフェア以外の日程でも、ご来館いただけます。また、ご質問についてもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・来館のご予約

お電話はウェディング直通のこちらまで。

053-447-7177

コラム & トピックス

2017.05.20

今話題のグランピングウェディングを知りたい!

OT0523L_120398.jpg

OT0523L_119886.jpg

木々からこぼれる太陽の光に、思わず目を細めてしまう、そんな新緑まぶしい季節を迎えました。よく晴れた日の公園では、ピクニックを楽しむご家族や、仲良く手をつなぎ微笑みあう恋人たち。中にはテントを持ち込み、気持ちよさそうに眠っている若者の姿も。また早くもバーベキューを楽しみ、この気持ちの良い季節を思う存分満喫しようと外出される皆さまも多いのではないでしょうか。近年のアウトドア人気もあり、バーベキューは昔と比べ多種多様に進化しています。事前の準備は簡単に、片付けも楽になり、大好きな音楽をかけ、仲間と共に1日をゆったり楽しむ。進化し続ける中で「グランピング」という言葉を耳にする機会も増えてきました。加速する日本でのアウトドアブームに乗り、海外から渡ってきた「グランピング」。賑やかで楽しい演出、オシャレな雰囲気や開放感からウェディングに取り入れられる新郎新婦様が増えています。今日はいち早く、グランピングウェディングをご紹介していきます。

 

 

1、 「グランピング」とは何かご存知ですか?

 OT0523L_120605.jpg

グランピングとは、Glamorous(グラマラス)とCamping(キャンピング)の二つが合わさった造語です。ここまでは、ご存じの方も多いはず。直訳は「魅力的なキャンプ」ですが、海外では様々な呼び方があります。

 

・ラグジュアリーキャンプ  (豪華で贅沢なキャンプ)

・グロリアスキャンプ    (皆が讃えるようなキャンプ)

・コンフォータブルキャンプ (気持ちの良い快適なキャンプ)

・ブティックキャンプ    (高級専門店のようなキャンプ)

 

  上記の条件をすべて満たし、はじめて「グランピング」と呼べるそうです。更にキャンプに必要なものは、すべてサービスする側が用意し準備を行うこと。また、「ゲストの皆様が楽しく快適に過ごせること」が何よりも大切な定義とされています。

歴史は古く1100年代のモンゴル、チベット族の移動式住居「パオ」が発祥ではないかと言われています。その後1900年代にアフリカへ渡った裕福なアメリカ人が、テント生活を快適に過ごしたいと家具やテーブル、ベッドなどを持ち込み暮らし始めました。これが「グランピングの誕生」です。日本では急速に広まりを見せている言葉ですが、海外でのしっかりとした歴史や定義が成り立ってこそ、「グランピング」と言えるのです。

 OT0523L_119989.jpg

2、 グランピングウェディングの準備を始めましょう

OT0523L_120564.jpg OT0523L_120616.jpg

それでは、グランピングウェディングの準備を始めていきましょう。まずはグランピングのシンボルと言えば「テント」です。ゲストの皆様が中へ入れるような大きめのテントでは、チェアやクッションを配置し、オシャレな休憩スペースとしての利用がおすすめ。小さめのテントは、ウェルカムグッズや思い出の写真を飾り、フォトスポットとして準備してもオシャレです。テントの周りには忘れずに、ガーランドを飾り付けグランピング気分を盛り上げていきましょう。

昼間の賑やかで明るい雰囲気も素敵ですが、夜のグランピングもおすすめです。たくさんのキャンドルに囲まれ、幻想的な気分に。落ち着いた大人のウェディングを演出してくれます。

 

3、 バーベキュースタイル

 グランピングウェディング.jpg

キャンプのお楽しみといえば、キャンプファイヤー!1つの火を囲み、親しい友人や家族と特別なひと時をすごしましょう。ウェディングでは、火を使う演出のひとつとして、バーベキューを行ってみてはいかがでしょうか?目の前での調理パフォーマンスに、大興奮!盛り上がること間違いなしです。ゲストの皆様が、のどの渇きをすぐ潤せるよう近くには、ドリンクワゴンを用意しましょう。そよ風と共にスッキリと気分爽快、見た目もオシャレなレモネードやサングリアがおすすめです。

またガーデンには、ロングテーブルを用意して「晩餐会風のバーベキュースタイル」も素敵です。テーブルに飾るメニュー表にローズマリーなどのハーブを添えれば、香りを楽しむ演出も取り入れることができますよ。

バーベキューで盛り上がる傍ら、もしかしたらお父様お母様は、火を見つめ新郎新婦様が幼かった頃を思い出し、語り合って...。誰にも気付かれないよう、そっと涙を拭いているかも知れません。そんな場面もウェディングならではの、特別なシーンです。

 

4、 新郎新婦様の衣裳コーディネート

 写真5.jpg

グランピングウェディングでは、新郎新婦様の衣裳コーディネートも腕の見せ所です。静岡県浜松市が誇る大自然、きらきらと水面が輝く佐鳴湖、色とりどりの花たちを思い浮かべながらお二人の姿をイメージしてみましょう。

新婦様はショート丈のウェディングドレスや、装飾が少なめのシンプルなドレスがおすすめです。ヘアスタイルは髪をラフにおろし、花冠を付けて少しルーズな感じに。レースのショートグローブをつけても素敵です。ブーケは手に持つタイプも可愛いですが、リストブーケといって手首に巻くブーケもオシャレなアイテムです。

新郎様はシャツとベスト、首元は蝶ネクタイでカジュアルな雰囲気がおすすめです。更にメガネや帽子を組み合わせ、オシャレ度アップ!足元には、ちらりと見せるカラフルな「見せ靴下」を用意し、隠し演出を準備してみてはいかがでしょうか?新婦様とお揃いのスニーカースタイルで登場!なんてシーンは、とってもキュート。ゲストの皆様は、あまりのお二人の可愛らしさに、我先にとSNSにアップしそうですね。

コーディネートに自信がない方も、専属のドレススタイリストがいますので、安心してご相談くださいね。

 

 OT0523L_120510.jpg

 

OT0523L_120434.jpg

グランピングには古くから歴史があり、その華やかさや特別感、高級な雰囲気から「結婚式」という人生で最も大切な日との相性は抜群です。近年のアウトドア人気も加わって、トレンドに敏感な新郎新婦様の心をつかみ、これから人気は加速してゆくことでしょう。

「グランピング」をテーマに掲げる結婚式はユニークで新しいですし、パーティの演出のひとつとして取り入れれば、大変盛り上がり楽しい時間になるでしょう。アウトドアと共通している部分も多いフェスウェディングや、ガーデンウェディングとも組み合わせれば、更にオリジナリティが発揮でそうです。お二人らしい「最高に特別な結婚式」、ぜひ探してみてくださいね。それでは、また次回お会いしましょう!

 

 

 

 

ガーデンウェディングにご興味のある方はこちらへ

フェスウェディングにご興味のある方はこちらへ

その他の記事を読む

お問い合わせ & 来館のご予約