お問い合わせ & 来館のご予約

ジ・オリエンタルテラス 4つの魅力が体験できるブライダルフェアを開催しています。
是非、お気軽にお越しください。

ブライダルフェア

ブライダルフェア以外の日程でも、ご来館いただけます。また、ご質問についてもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・来館のご予約

お電話はウェディング直通のこちらまで。

053-447-7177

コラム & トピックス

2017.11.19

30代からの大人ウェディング

otona1私たちは社会へ出て、様々な年齢の「大人」と関わり、共に仕事をしてゆく中で、知らず知らずのうちに歳を重ねてゆきます。学生時代、思い描いていた憧れの大人像。想像していたよりも、何も変わっていないなぁ...なんて思う方がほとんどではないでしょうか?20代で培った経験や出来事は目に見えずとも、あなたの血となり肉となり、大人への階段を着実に登らせている事でしょう。特に女性は近年社会進出が進み、結婚する年齢も20代から30代へとシフトしています。ウェディングの世界でも「大人ウェディング」という新たな結婚式のスタイルが注目を集めています。早速ご紹介してゆきましょう!

1、 大人ウェディングとは?

otona11

大人ウェディングとは「大人婚」とも呼ばれ、年齢を重ねたカップルの結婚式という意味だけではなく、新郎新婦様の経験を通して培った趣味やセンスを活かし、こだわり溢れる上質なおもてなしで、ゲストに感謝の気持ちを伝えるワンランク上の結婚式を意味します。仕事ではキャリアを積み、友人関係も趣味も充実してきた毎日の中で迎える結婚。20代の多くの花嫁様は「可愛い」、「楽しく」などがキーワードでした。それが30代を迎える花嫁様が主役となると、積み重ねてきた様々な経験から、ゲストへ感謝の気持ちを表す「おもてなし」、ゲストにとって結婚式が「心地良い」空間となる様にと、中心となるキーワードが変化します。派手さはなくても、大人だからこそ出来る「気遣い」と「おもてなし」とは、どんな結婚式なのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

2、 大人ウェディングは会場選びから

otona4まずは、大人ウェディングの大切なベースとなる「会場選び」から始めてゆきます。バルーン装飾に埋め尽くされピンクやハートが似合いそうな、お姫様タイプの会場よりも、全体的な色味のトーンが落ち着いているクラシカルな雰囲気や、スタイリッシュでモダン風な会場がおすすめです。近代建築をリノベーションしているような結婚式場や、目も舌も肥えているゲストを満足させてくれるレストランウェディングを行っているレストランなどが良いでしょう。そして立地や交通アクセスも忘れずにチェックします。ゲストが結婚式場に来るまでに少しでも負担を軽減できる様、送迎バスやハイヤーの手配等、細かな気遣いを忘れずに準備しておきます。

3、 料理は「おもてなし」最高のアイテム

otona5otona7続いて、結婚式に招待されたゲストが一番楽しみにしている「料理」についてご案内します。 お腹も心も満足して頂ける様に、大人ウェディングのおもてなし最高アイテム「料理」で気になるポイントを押さえましょう。

≪素材≫
普段なかなか食べ慣れない食材や、調理法を楽しむ事が出来るのが、結婚式の料理の醍醐味です。高級食材だけではなく、新郎新婦様出身地の食材を使った料理や、その結婚式場のある地産新鮮食材など、素材のこだわり方は様々。シェフやプランナーに、ぜひ相談してみて下さいね。

≪見た目≫
手元に届いた瞬間、思わず歓声が上がる様な目で楽しめる料理は、私たちの五感を刺激します。料理に力を入れている式場であれば、食器や盛りつけも注目すべき点です。メニュー表に、シェフの想いや簡単なメニュー紹介のコメントを添えれば、オリジナリティも加わり、ゲストはより料理を楽しむ事が出来ますよ。

≪ドリンク≫
ワインやお酒だけではなく、女性や子供のゲスト向けにノンアルコールやソフトドリンクのラインナップも充実させておきます。絞り立てのフルーツジュースを用意すれば、子供だけではなく、大人も喜んでくれるはず!

≪特別メニュー対応≫
特別メニューとは、例えば食材アレルギーを持っている方や、高齢のゲスト、小さな子供など、特別な配慮が必要と思われるゲストの方向けに料理を用意します。招待したゲストが料理を楽しみながら、安心して食べることが出来る気配りを心掛けましょう。

4、 おすすめの演出紹介

otona12

おもてなし重視の大人ウェディングは、新郎新婦様が前面に出るのではなく、ゲストを前面に新郎新婦様はホスト役が鉄則です。ゲストが何かを見て楽しむよりも、美味しい料理を演出に妨げられることなく、ゆっくりと堪能し歓談の時間をたっぷりと取ります。久しぶりに会う友人や親戚と心ゆくまで会話を楽しんでもらう。ゲストと同じ目線で、新郎新婦様も会話に加わり、何とも暖かで優しい時間。結婚式に出席した全員が、自然と心地良い空間となる様に、大人ウェディングには演出の工夫も必要です。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

≪生演奏≫
楽器を持った奏者が近くにいるだけでも、特別感がアップ!奏者たちの立ち振る舞い、すぐ近くで奏でる音色は心に響きます。また、生演奏のいいところは、奏者たちによる臨機応変な演奏。演出や会場の雰囲気に合わせて「ここぞ」というタイミングを逃さずに音楽をスタート。盛り上がる場面ではさらに盛り上げ、歓談するところでは程よい音量で奏でるなど、その配慮はさすがプロです。

≪果実酒作り≫
テーブルラウンドの際に会話を楽しみながら、ゲストに好きなフルーツを選んで頂き、順番に瓶に入れて貰います。最後にゲストの前で集めたフルーツの入った瓶に、リキュールを注ぐ最近人気のトレンド演出です。結婚式の記念にもなりますし、後日新居にゲストを招いた際、そのお酒でおもてなしをする事も出来ますよ。色とりどりの鮮やかなフルーツ、甘く優しい香りに会場全体が包まれて、幸せな気持ちが一杯に溢れそうですね!

4、新郎新婦様の衣裳コーディネート

otona9

今までは、ゲスト目線の「おもてなし」や「気遣い」を中心にご紹介してきましたが、ウェディングの主役は何と言っても新郎新婦様です。特に新婦様は、衣裳選びが最も楽しく心ときめく瞬間です。思う存分楽しみながら、運命の1着を探しましょう。年齢を重ねている花嫁様だからこそ、知っている本物の価値。大人ウェディングで押さえるべきポイントは、「色」、「ドレスライン」、「生地」の3つです。

≪色≫
驚くことにウェディングドレスには、様々な「白色」が存在します。大人の花嫁様にはクリアな白よりも、上品で気品を感じさせるオフホワイトがおすすめです。同様にカラードレスも、上品な淡い色味のペールピンクや、ブルー系のドレスが素敵。ブルーの中でも、グレーが入ったブルーは、落ち着いた雰囲気が醸し出され、洗練された印象となりますよ。

≪ドレスライン≫
より大人の印象に仕上げたい花嫁様には、マーメイドラインやスレンダーラインがおすすめです。スレンダーラインは体にフィットするものから、ゆとりのあるソフトスレンダーラインまでデザインが豊富で、体型をあまり選ばないドレスです。また、胸下から下にストンと落ちるエンパイアラインは、他のドレスに比べ動きやすく移動が楽です。お腹周りも隠してくれるので、美味しい料理を食べすぎてしまっても安心のデザインです。

≪生地≫
シンプルなデザイン、シックな色味、大人の花嫁様は素材にも注目しましょう。シルク素材のドレスは、美しい光沢と手触りの良さで、ドレスの魅力を一層引き出してくれます。他には透明感が出るシフォン素材や、優しい雰囲気の出るオーガンジーなどもお似合いです。上質な生地で作られたドレスは、着心地が良く、花嫁様の体にしなやかに寄り添い、ますますゲストの心を魅了すること間違いなしです。

大人ウェディングを叶える為には、新郎様の衣裳選びも重要です。好みのタイプの衣裳に袖を通す前に、体格や身長を考慮し、コーディネーターと一緒に相談しながら選ぶのがおすすめです。特にホワイトカラーのタキシードの場合、新婦様のドレスと色味を合わせると、より統一感があって上品な雰囲気になります。最近ではシンプルなブラックや、ネイビーなど落ち着いた色味のタキシードもトレンドです。隣に立つ新婦様に合わせ、お二人のバランスが合うかどうか、しっかり確認して衣裳選びを楽しく進めてゆきましょう。
また、大人ウェディングでは「和装」も人気です。着物の艶やかな美しさは、大人だからこそ着こなせる衣裳です。日本の文化である「和」にゲストの心は安らぎ、「趣」を感じ魅了され、会場からはため息交じりの羨む声が聞こえてきそう。新郎新婦様も自然と背筋が伸びて、改めて「結婚」に身の引き締まる思いを抱くことでしょう。

otona12いかがでしたか?「大人ウェディング」を叶える為には、結婚式の会場選びに始まり、料理、演出など、様々な小さな工夫の積み重ねが必要です。細やかな気遣いや、おもてなしの詰まった結婚式を実現出来るのは、大人ウェディング世代の新郎新婦様...あなたです。想いは表現しなければ、相手に伝わりません。とは言いましても、多くの方が結婚準備は初めての経験です。ジ・オリエンタルテラスでは、お二人が安心して準備を進められる様に、しっかりサポート致します。静岡県浜松市の誇る大自然と共に、皆様とお会いできることを楽しみにしております。一緒に最高に素敵な「大人ウェディング」叶えましょう!
次回をお楽しみに。

フォトウェディングが気になる方はこちら
会費制結婚式が気になる方はこちら

その他の記事を読む

お問い合わせ & 来館のご予約