お問い合わせ & 来館のご予約

ジ・オリエンタルテラス 4つの魅力が体験できるブライダルフェアを開催しています。
是非、お気軽にお越しください。

ブライダルフェアのご予約

ブライダルフェア以外の日程でも、ご来館いただけます。また、ご質問についてもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・来館のご予約

お電話はウェディング直通のこちらまで。

050-1709-1629

LINEからのご予約も承ります。

ご予約の際は、以下をご記入ください。
(1)LINEより「お名前」「〇月〇日〇時に見学希望」とメッセージを送信してください。
(2)担当者より返信がありましたら予約完了となります。

コラム & トピックス

2019.06.25

浜松のプレ花嫁様へ、いち早くトレンドをお届け!

ボーホーウエディングの紹介

1.jpgついに新元号「令和」が始まりましたね。新しい時代の幕開けに、日本中が歓喜に包まれ、平和を願い、希望を胸に抱いていることでしょう!そんな中、今回ご紹介するのは「ボーホーウエディング」。ボーホーって何!?と、思わずワクワクしてしまう様な音の響き。自分らしさや自由を、より強く表現した新しい結婚式スタイル「ボーホーウエディング」。早速、覗いてみましょう。

1、 ボーホ-(BOHO)とは?

2.jpgボーホー(BOHO)とは、自由奔放という意味を持つ「ボヘミアン」。そして「ソーホー(SoHo)」という、ニューヨークのおしゃれな地区を掛け合わせた造語です。ボヘミアンファッションと言えば、フォークロア調のデザインや牧歌的な要素を持つ自由な発想のファッションをイメージしますが、そこに都会的でスマートなソーホーのエッセンスを加えたのが「ボーホーファッション」。SoHoでよく見かけるタイプのお洒落な女性達は、ヒッピー風、レトロ風やエスニックを上手にミックスしたファッションを楽しんでいます。
2011年に海外モデル、ケイト・モスの結婚式から火が付いたとされている「ボーホーウエディング」は、その名の通りボーホーファッションを取り入れたウエディングスタイル。肩肘張らないナチュラルな雰囲気の花嫁スタイルが、多くの女性の注目の的となり、フォークロア調の刺繍を施したドレスや、ナチュラルな雰囲気のブーケなど、ウエディングシーンにもボーホーファッションの波が起こりました。枠にとらわれず、自由でオシャレなボーホーウエディングをご紹介していきましょう。

2、 ボーホーの花嫁スタイル

4.jpgやはり1番気になるのは、ボーホーの花嫁スタイル。花嫁様達は、どんな風に「ボーホー」を取り入れているのでしょうか。参考にしてみて下さいね。

≪ウエディングドレス≫
ブームの火付け役と言われるケイト・モスのように、軽やかに歩けるスレンダーラインのドレスがおすすめです。また、ミニ丈のドレスにブーツとハットを組み合わせても、オシャレ。その他にもボヘミアンなカーディガンや、ストールを纏うのも素敵です。新郎様も優しい色合いのベージュでコーディネートすれば、ナチュラルで自然を感じるボーホースタイルの完成!

≪ヘアスタイル≫
ボヘミアンといえば、ヒッピーバンド。レースやパールをあしらったウエディング仕様の、ゴージャスなヒッピーバンド風のヘッドアクセサリーは、シンプルなドレスにとても似合います。カッコイイ派の花嫁様には、シルバー×ターコイズがおすすめ!髪をルーズに編み込む、ゆるふわヘアには花冠スタイルも良いですね。耳元には風に揺れる羽根のピアスで、ボーホースタイルを楽しんで。

≪ブーケ≫
ケイト・モスのような片手で持てる小さなブーケや、今朝摘んできたようなスタイルのブーケがナチュラルで素敵です。色とりどりのブーケも、ボーホーウエディングの雰囲気にとても合います。

ウエディングドレスのトレンドを知りたい方はこちらへ
カクテルドレスのトレンドを知りたい方はこちらへ

3、ボーホーのアイテム

6.jpg続いてボーホーウエディングの気分を盛り上げてくれる、素敵なアイテム達をご紹介します。DIY好きな花嫁様はもちろん、そうでない花嫁様にも簡単に出来るアイデア満載です。

≪ウエルカムアイテム≫
海外では日本のようなウエルカムボード(似顔絵や写真、新郎新婦様の名前など...)とは異なり、式場などの「場所」を示すウエディングサインを置くのがポピュラーです。作られている素材は「木」が多く、ボーホーの自然な雰囲気とも相性抜群!DIY好きな花嫁様は、ぜひチャレンジしてみては?

≪ウエルカムドリンク≫
ゲストの皆様へ最初のおもてなし「ウエルカムドリンク」にもボーホースタイルを加えて。グラスひとつずつに、麻ひもで羽を巻いていきます。細かい部分までボーホーらしさを演出!スパークリングワインには、フルーツのマドラーを添えるのもおすすめです

≪ドリームキャッチャー≫
レース素材で作られたドリームキャッチャーは、ウエディングらしさいっぱい!ボーホーウエディングに欠かせないアイテムです。会場やガーデンにドリームキャッチャーを飾れば、ボーホーの雰囲気も更にアップすること間違いなしです。

3.jpg≪会場コーディネート≫
流木や石、花、葉など、自然に存在するものを使って、自由にコーディネートしましょう。草花のカーテンや、総レースのテーブルランナーも素敵。小さな石にゲストの名前を書いて、席札にしてもユニークです!瓶や石にカラフルな糸を巻いて、ボヘミアンカラーの小物を飾れば、気分も盛り上がりますよ。
ガーデンでの人前式では、オシャレに絨毯をかさねバージンロードに見立て、前方には木のアーチを飾るのも良いですね。美しい自然に包まれて、美味しい空気を肌で感じながら、永遠の愛を誓い合う...。なんて幸せな新郎新婦様でしょう!!


0523OTT_2652.jpg自由に、壮大に、愛を誓う。山に、空に、湖に、愛を誓う!浜松の大自然の中に佇むジ・オリエンタルテラスにピッタリの新ウエディングスタイル「ボーホーウエディング」。いかがでしたでしょうか?興味はあっても、なかなかコーディネートにハードルの高さを感じてしまうプレ花嫁様も多いはず。そんな時頼りになるのが、ウエディングプランナーです。どこまでも新郎新婦様の気持ちに寄り添い、素敵なボーホーウエディングを叶えてくれますよ。皆様との出逢いを楽しみにお待ちしております。それでは、次回をお楽しみに♪

ガーデンウエディングが気になる方はこちら
グランピングウエディングが気になる方はこちら

その他の記事を読む

お問い合わせ & 来館のご予約